こんなときは血圧の異常を疑え!

患者と説明する医者

めまいや頭がふらつく事が多くなったり、偏頭痛が多かったりといった症状があれば慢性的に血圧異常が起こっているかもしれません。
小さなサインなので見逃しやすいめまいや頭痛、これらは低血圧や高血圧からくる症状の一つです。
また運動も何もしていないのに心臓の鼓動が急に小太鼓を打つかのようにトトトトトンと早くなったりするのも要注意。
心臓に負担がかかっている証拠です。

まずは継続的に毎日の血圧を測り、記録することをオススメします。
血圧異常が長期間に渡って続くと、身体のあちらこちらに支障が出てきます。
気付きにくい心臓や肝臓と言った内臓疾患に繋がる事もありますので、まずは一通り検査してみるべきでしょう。
数値が低すぎても高すぎても良くありませんし、昇圧剤や降圧剤といった内服薬で調整する事も考慮しなければなりません。
また運動不足もよくありませんから、日々ほどよく運動する事によって数値の改善が見られる場合もあります。
サプリメントの摂取も効果的です。

普段から30分程度のウォーキングを取り入れてみるのも良いですね。
特に肥満気味で高血圧になっている人はある程度のダイエットと運動で数値が目覚ましく下がる事もありますから、健康と運動は切り離せない物と言えるでしょう。
日ごろから血圧測定と血液検査をよく受ける事が病気等の早期発見にも繋がりますから、比較的手軽に受けられるこれらの検査は年数回行うと良いでしょう。
症状に心当たりがある方はなるべく早めに医師の診断を受け、自分に合った血圧を下げる方法を相談しても良いでしょう。
侮ってはいけない血圧、最初は見落としそうな小さなサインですが、放っておくと危ない症状です、意外と怖い落とし穴かもしれませんよ。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索